ネットプリントが安い!きれい!おすすめです。

プリント作業はプロラボ出身オペレーターのみ

オペレーターは熟練者のみ!

W_No_01.gifプロラボ出身のオーナーによるプリント作業
プロラボから独立し現在の写真店オーナーとして延べ20年以上の経験者が作業します。

当店では、お客様の画像を1枚ずつモニターでチェックし、色、濃度、コントラストやシャープネスなど必要に応じ補正を加えます。もちろん補正をしなくても良い画像もたくさんありますが、そうしたときでも1枚ずつ補正の有無をジャッジしながら作業してゆきます。

また、モニターチェックだけでなく実際に出来上がった写真を見て納得できなかったものはオペレーターの判断で焼き直しをして出荷しています。

1つ補正が必要な画像を例にすると、
機械任せでプリントした写真と必要な補正を加えた写真を見比べるとこんなに違うものかと驚くことも少なくありません。

マイナス点は、
1日に出来る量が限られるため混雑時など多少納期を頂くくことがございます。安定した品質を保つため何卒ご理解くださいませ。

鮮やかで、発色、光沢感に優れた印画紙を使用

三菱グレースカラーペーパー(印画紙)を使用

W_No_02.gif材料の品質が安定しています。
当店では、三菱製紙の三菱グレースカラーペーパー「MG-1000」を使用しております。
白地性能が良好、際立つ白さとクリアなハイライト描写を実現。色再現性の良い鮮やかなプリント、シャドー階調バランスの適正化により、自然で滑らかな階調表現を可能としており、ネットプリントにもたいへんおすすめです。

メジャーブランドのペーパーは依然人気ではございますが、中には光沢感に乏しく、インクジェットプリントに似たような感じであったり、やたらペーパーの厚みだけがあって発色が悪かったりという仕上がりも少なくありません。
これらは、お店の処理量、薬品管理や機械の設定、マッチングなどさまざまな要因からなるものと思われます。

お客様にはブランドの名ばかりにとらわれず、実際の写真の出来や品質をご確認いただき、お店選びをしていただきたいと思います。

メーカーコンテスト10年以上連続 上位2賞を受賞

メーカー出荷基準コンテストに定期参加

W_No_03.gif10年以上にわたり最優秀及び優秀技術賞連続受賞
各店舗のプリント出荷品質の把握とレベルアップのために、年間1回メーカー主催によるプリントコンテストが行われております。

当店の本社店舗では毎年このコンテストに参加し、おかげさまで10年以上連続「最優秀技術賞」ならびに「優秀技術賞」を受賞し現在も継続中です。

また、コンテストに参加することにより、全国店舗の出荷基準の把握と自社出荷基準チェックも行え、更なるレベルアップへとつながるためネットプリントを提供する弊社にとっては年1回の必須イベントです。

Photo.png補正例

itigo_2.jpg

曇天で青味を帯びた画像

曇り空の特徴として青味が強くなる傾向があります。
カメラ側のホワイトバランスで補えきれておりません。
このような少し暗くて全体的にシアンが強い画像となってしまいます。

itigo_a.jpg

色調と濃度補正を加えました

画面全体的に青味(シアン)を調整し濃度も少し明るめに補正してみました。
補正前と比べてみるとイチゴは明るい赤色に、花びらは白くスッキリ、黄色も鮮やかに表現されています。

meat_4.png

美味しそうとは言えません。

ストロボの光、カメラのホワイトバランス、画面内の特定色が占める割合の影響などさまざまです。ストロボの光源が青味がある傾向だったりもしますし、カメラの特性であったりします。また、色の占める割合は1つの色が多く占有されるとその反対色が強く被ることがあるという現象です。

meat_3.png

美味しそうな本来のお肉の色に!

画面全体に青味を無くし色補正することによって美味しそうなお肉本来の色が再現されました。バックの黒もしまった感じになり料理の素材を引き立てています。
街中でメニュー看板をあちらこちらで見かけますが、なんだか青っぽくてとても美味しそうとはいえない看板を良く見かけますが・・・。古くなって色あせているのもありますけどね。

a0027_001616_m.jpg

やっぱりちょっと暗いかな?

象さんです。日陰なうえに被写体が黒っぽい事でカメラが苦手とする条件が揃ってしまいました。このような場合はカメラ側ではプラス補正となるのですが、なかなかぴったりいく事はむずかいです。場合によってはピントが合いにくく、失敗例も少なくありません。

zou_a.jpg

表情がわかりやすくなりました。

濃度を明るく補正してみました。少し動物の表情がわかるようになりました。
逆光気味の暗い画像もこの程度の暗さであれば、比較的暗いながらも良い結果となることがあります。
黒くつぶれ気味の被写体は、明るく補正しても画像全体が淡くなるのみでしまりのない写真になりがちです。
真っ黒につぶれてしまっているものは極端な補正が出来ず、ご期待に添えない場合もございます。

Real_col_Attention.png ネットプリントをご利用のお客様へ、
補正を実行するにあたり被写体の雰囲気や作者さまの意図などにより、判断しかねる場合があります。

撮影条件などにより補正を加えてもすべてがきれいに仕上がる事をお約束するものではございません。出来る範囲にて努力させて頂きます。